「Denny’s」の「All Beef ハンバーグ〜たまねぎソース 1,099円(税抜)」です。

【結果】

食 前:100mg/dL
15分: 82mg/dL
30分:102mg/dL
45分:100mg/dL
60分: 95mg/dL
90分:100mg/dL
120分: 97mg/dL


こちら
100%BEEFは何が100%なのか?シリーズの第2弾です。
Denny’sのHPによると
「デニーズのビーフハンバーグが、ますますおいしくなって新登場!素材、配合、製法のすべてにこだわり、さらなる味わいを追求しました。新ビーフハンバーグは、牛肉の世界三大品種のひとつであるアンガス種を使用。肉汁をしっかり閉じ込めて、ふっくらと柔らかい食感に仕上げました。ソースは、たまねぎやりんごの爽やかな風味が心地よいたまねぎソース。口の中で、あふれる肉汁とソースが重なり合い、格別のおいしさに出会えます。肉の旨みをダイレクトに感じられるシンプルな仕立てで、進化したビーフハンバーグをぜひご堪能ください」
栄養成分
カロリー:525kcal
食塩相当量:3.3g
脂質:34.4g
食物繊維:2.7g
All Beefハンバーグは、オーストラリア産の牛肉を使用しています。

と、あります。
これまた、炭水化物量がありません。
ハンバーグは、パン粉などの混ぜ物やつなぎなどがあるため意外と糖質が高いと言われております。
そのため、「BEEF 100%」、「All Beef」とある「Denny’s」の「All Beef ハンバーグ〜たまねぎソースハンバーグ」を調査して参りました。
今回も、もちろんソースは別添え、添え物はポテト以外も全て注文時に外してもらいました。
添え物がないと見た目が結構貧相です!笑
たしかにジューシーで、しっかりとハンバーグしております。

血糖値の上昇は
15分: -18mg/dL
30分: 2mg/dL
45分: 0mg/dL
60分:-5mg/dL
90分: 0mg/dL
120分:-3mg/dL

血糖値の最大上昇幅は2mg/dL、30分後でした。
健常人では1gの糖質で血糖値が1mg/dL上がるとされています。
この血糖値の変動は誤差範囲と考えます。

「Denny’s」の「All Beef ハンバーグ〜たまねぎソース」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに認定です。

亀2つ!

100%BEEFの記載に、関してはネットを散見すると
『鶏、豚は使用していない。肉は100%牛』
『パン粉など増量するものを使用していない。肉100%』
の、意味があるようです。
「Denny’s」のHPからはどちらの意味かはわかりませんが、今回の検証で、血糖値の上昇からは、パン粉などの使用は少ないと判断いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です