「Jolly-Pasta 」の「スモークサーモンのクリームソース 990円(税抜)」です。

【結果】

食 前: 98mg/dL
15分:106mg/dL
30分:115mg/dL
45分:113mg/dL
60分: 97mg/dL
90分:113mg/dL
120分:113mg/dL


専門店で低糖質はできるのか?シリーズ
今回は、パスタ専門店で低糖質はできるのか?です。
こちら、ロカボを提唱される山田悟先生監修のパスタです。

Jolly-PastaのHPによると
「低糖質粉でつくった幅広のフェットチーネ。生パスタのモチモチ感と素材のおいしさはそのままに、カラダにうれしい一品です。
【ロカボとは?】
食・楽・健康協会では、健康のために1食の糖質摂取量を20〜40gにすることを推奨しています。糖質ゼロではなく、控えめに糖質を摂る”ゆるやかな糖質制限”、それがロカボなのです。低糖質粉でつくったジョリーパスタオリジナルの新フェットチーネで、おいしくて楽しいロカボをお楽しみください」
と、あります。

糖質 38.3gですから、ゆるやかな糖質制限になりますね。
ほうれん草を練りこんであるやや太めのフェトチーネで、彩り鮮やかでクリームソースとよく絡み美味しいです。

血糖値の上昇は
15分: 8mg/dL
30分:17mg/dL
45分:15mg/dL
60分:-1mg/dL
90分:15mg/dL
120分:15mg/dL

血糖値の最大上昇幅は17mg/dL、30分後でした。
健常人では1gの糖質で血糖値が1mg/dL上がるとされています。メニューの糖質量は38.3gですからかなり血糖値の上昇が抑えられています。
ここで、以前行った低糖質パスタの検証を思い出してください。

【特別企画:低糖質パスタは料理法で血糖値の変化が違うのか?】

低糖質パスタを「塩のみ」、「カルボナーラ」、「ペペロンチーノ」で食べた時に、塩のみ、ペペロンチーノは血糖値の上昇が見られましたが、カルボナーラは血糖値の上昇が抑えられました。今回のクリームソースはカルボナーラに似ています。低糖質にクリームソースはあいますね。

「Jolly-Pasta 」の「スモークサーモンのクリームソース」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに認定です。

亀2つ!

味はとても美味しいのですが、ボリュームはもう少し欲しいところです。糖質量の設定が、ゆるやかな糖質制限でOKとなります(一食20〜40g)。
一食20g以下のスーパー糖質制限の方は糖質量を加味しご賞味ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です