「ローソン」の「おでん 10品 700円」です。

 

【結果】

(食前→15分→30分→45分→60分→90分後)
被験者: 69→76→103→100→110→86mg/dL

先日、予告したようにコンビニおでんの測定をして参りました。
先に、ローソンがセールをはじめておりましたので、まずはローソンから。
一般的には、おでんの具は糖質量が少なく、具を選べば十分低糖質の食事を頂けると言われております。
選んだ10品は、こちらのサイトを参考にしながら
http://dietmagazine.net/660.html
より低糖質で、多くのコンビニで共通するものを選んでおります。

大根 2.2g
卵 0.1g
こんにゃく 2.0g
白滝 3.1g
がんも 1.7g
だし巻き玉子 2.0g
ロールキャベツ 2.8g
牛すじ 0.5g
鶏つくね 3.6g
豚バラ串 1.3g

糖質量合計 19.3g(ホームページでは炭水化物量)
お出汁はいただいておりません。

血糖値の上昇は(15分→30分→45分→60分→90分後)
被験者: 7→34→31→41→17mg/dL

血糖値の最大上昇幅は41mg/dL、60分後でした。
健常人では1gの糖質で血糖値が1mg/dL上がるとされていますので、推定の糖質量は約40g。
上記したように、お店のホームページでの炭水化物量を参考にした糖質量では20g以下になる予定でしたが、推定量はその倍となってしまいました。
おそらく、出汁が染み込んでその分が結果に反映したものと思われます。
おでんで低糖質を選ぶ時は、出汁とその染み込み具合を考えて選びましょう!

「ローソン」の「おでん」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに一応条件付きで認定です。

亀0.5!

条件
①お出汁は頂かない
②より染み込みにくいもの
③より低糖質のもの
を選びましょう!
僕のおすすめは「玉子」ですね!笑
でも、塩にぎり1つで炭水化物量43.8 gですから、おでんは10品選んでも、低糖質ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です