「松屋」の「牛焼肉W定食ライス並盛→湯豆腐変更 940円(税込)」

【結果】

食 前:100mg/dL
15分:138mg/dL
30分:134mg/dL
45分:121mg/dL
60分:110mg/dL
90分:111mg/dL
120分:108mg/dL

 

 

「すき屋」の「牛丼ライト お肉大盛」【全国版:亀ドクの「血糖値が上がらないお店、メニュー」】

「吉野家」の「サラシア牛丼」【全国版:亀ドクの「血糖値が上がらないお店、メニュー」】

と、調査し三大牛丼屋、最後は念願の
松屋の「ライス並盛→湯豆腐変更(プラス50円)」です。


実は、松屋は熊本にありません(九州にはあります)。
湯豆腐変更できると聞いて、牛丼ができるのかと思っていたら
「定食のライス並盛を湯豆腐に変更」
とのこと…
まあ、牛丼屋の認識を定食屋に変えればいいだけなので。
松屋のHPによると

栄養成分
W定食
カロリー/1105kcal
たんぱく質/41.1g
脂質/58g
炭水化物/102g
ナトリウム/1580mg
食塩相当量/4g

単品(おそらくお肉は普通)
カロリー/322kcal
たんぱく質/16g
脂質/27.9g
炭水化物/2.1g
ナトリウム/449mg
食塩相当量/1.1g

焼肉ソースやドレッシングなどは最初からテーブル上に並べてあり、別になっていますので、それはそれでありがたいです。
あえて、味付けはせずにお肉を頂きましたが、美味しく食べるには少しタレなどで味付けをするのもありでしょう。湯豆腐は美味しいです。50円プラスの価値はあります。というか、湯に浸かっているだけの豆腐を想像してましたが、スープになっていて、これが結構美味しいのです。いつも通り全部頂きました。

血糖値の上昇は
15分:38mg/dL
30分:34mg/dL
45分:21mg/dL
60分:10mg/dL
90分:11mg/dL
120分: 8mg/dL

血糖値の最大上昇幅は38mg/dL、15分後でした。
健常人では1gの糖質で血糖値が1mg/dL上がるとされていますので、糖質量は38g前後と考えます。
単品メニューを2倍すると、炭水化物量は4.2gですので、これではかなりの差があります。サラダ、漬物にはほとんど糖質はないと思われるので、残るは味噌汁と湯豆腐のスープです。全てどちらも頂きましたが、少しスープが怪しいです。味付けがしてあり、とても美味しく頂けました。どのぐらいの量かはわかりませんが、スープには糖質が含まれると考えます。
また、時間を見て頂くとわかりますが、結構な早朝です!笑
血糖値をあげるホルモンの一つであるコルチゾールの分泌は朝4時前後が一番高いとされていますので、その影響もあったかもしれませんが、今回は限られた時間の中での調査となりましたので、致し方ありません。ご了承ください。
しかし、この程度の血糖値の上昇は許容範囲と考えます。

「松屋」の「牛焼肉W定食ライス並盛→湯豆腐変更」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに認定です!

亀1つ半!

糖質制限で、ご飯を断ると足りない…となりがちですが、今回の湯豆腐はご飯がない寂しさを十分カバーしてくれるという意味では満足度がありました。
松屋のHPにはあれだけ詳しく栄養成分の表示があるのに、湯豆腐変更後の記載がないのは残念です。

おそらく、湯豆腐変更を選ばれる方は、糖質量を気にされる方や健康志向で栄養成分を気にされる方が多いと思われるので、ぜひ記載が欲しいところです。
松屋の担当者の方、よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です