「マクドナルド」の「夜マック 倍グランクラブハウス バンズ抜き+アイスコーヒー」です。

【結果】

食 前: 96mg/dL
15分: 114mg/dL
30分:114mg/dL
45分: 88mg/dL
60分: 95mg/dL
90分: 77mg/dL
120分: 99mg/dL


パン屋で低糖質はできるのか?シリーズの
ハンバーガー専門店で低糖質はできるのか?のマック第2弾です。
前回、高校からの友人松本忠大に
「パンズじゃなくてバンズじゃなかろうか」
と、恥ずかしい指摘を!
面白いから、前の記事は「パンズ」のまま残しておきます。

「マクドナルド」の「朝マック メガマフィン マフィン抜き+アイスコーヒー」【全国版:亀ドクの「血糖値が上がらないお店、メニュー」】

でも
「このシリーズ好きw」
と、嬉しい言葉もちょうだいしたので、調子に乗ってもういっちょ!笑
別店舗で「バンズ抜き」に挑戦です!(バンズね)
一度断られると、人間臆病になるものですが、逆に成功するとどこでもいけるような気がしてイケイケです!笑
しかも、今回のクルー(これも別の指摘。お店の方に聞いたらスタッフでもなく、キャストでもなく、クルーだそうです)はニコニコ笑顔で、面白いって感じで対応してくれ、こちらも嬉しくなります。
結果
トマト抜き
ソース抜き
バンズ抜き
で、対応して頂けました。
しかも、こちらショッピングモール内にある店舗で
「当店は朝マックの設定がなく、フォークしかありません…」
と、言われ、結果
ナイフ抜き
にも、なりました!と、書こうとしていたら、
「奥から1本だけ見つけてきました!どうぞ」
と、フードコート内で僕を探して頂き、持ってきてくれました。
とても嬉しい対応です。

再度書きますが、バンズ抜きのポイントしては

  1. バンズは食べないので、もったいので抜いて下さい(もったいないアピール)
  2. 「ピクルス抜いて下さい」のようにバンズを抜いて下さい(ピクルスのように自然に)
  3. ボックスで対応してくれる店舗は対応して頂きやすい(今回は倍グランクラブハウスですが、ビッグマックの箱に入れてもらいました)
  4. 対応して頂いた経験がある。もしくは対応してくれる店舗があるとの情報がネットに載っていた(経験、情報は自信になります)

など、色んなアプローチ法を知っていると対応して頂きやすいかもしれません。

しかし、全ての店舗、クルーが対応して頂けるとは限りませんし、ましてや
「亀ドクの血糖値が上がらないお店、メニュー」で紹介していたと言うのは、なんの免罪符にもなりませんので、ゴリ押しにならないようにお願いいたします!

マクドナルドのHPによると
(勿論、バンズありの通常の場合)

エネルギー:680kcal
たんぱく質:39.0g
脂質:42.4g
炭水化物:35.8g
食物繊維:3.0g(糖質 32.8g)

です。
これまたバンズ抜きだと正直「これだけ?」と言う印象です。仕方ないです。自分で言い出したことですから…
しかし味は、普通にハンバーグです。グランは「ジューシーな100%ビーフで絶妙なおいしさ」と説明があります。ジューシーとは言い難いですが、たしかにしっかりお肉していると思います。

血糖値の上昇は
15分: 18mg/dL
30分: 18mg/dL
45分: -8mg/dL
60分: -1mg/dL
90分:-19mg/dL
120分: 3mg/dL

血糖値の最大上昇幅は18mg/dL、15、30分後でした。
マクドナルドのHPは「バンズあり」が前提なので、「バンズ抜き」の糖質量はわかりませんが、このぐらいは許容できると考えます。

「マクドナルド」の「夜マック 倍グランクラブハウス バンズ抜き+アイスコーヒー」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに認定です

亀1つ半!

「バンズ抜き」に対応して頂けるかが鍵になります。一度対応して頂けると、次からは怖いもんなしです!笑
ぜひ、挑戦してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です