【特別企画:生ビールは本当に血糖値を上げるのか】
「生ビール中ジョッキ 3杯」です。

【結果】

食 前:100mg/dL
15分:106mg/dL
30分:136mg/dL
45分:160mg/dL
60分:153mg/dL
90分:102mg/dL
120分: 71mg/dL


「糖質制限食」では、アルコール類は種類を選べばOKとなっており、通常、医療機関で指導される「カロリー制限食」とは異なり、お酒好きの方でも受け入れやすいのがメリットです。
では、どのような種類のアルコールを選べば良いかと言いますと
OK:蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ハイボール)、辛口ワイン
NG:醸造酒(日本酒、ビール、甘口ワイン)
と、なっています。

徐々に暖かくなり、これからの季節
「とりあえずビール」
の人は気になるところではないでしょうか?
亀ドクがあえて身体をはって調べてきました!笑
結果もわかりやすく「3杯」
あては、野菜のみ…

血糖値の上昇は
15分: 6mg/dL
30分: 36mg/dL
45分: 60mg/dL
60分: 53mg/dL
90分: 2mg/dL
120分:-29mg/dL

血糖値の最大上昇幅は60mg/dL、45分後でした。
一般的にはビール100mlで3〜5gの糖質量と言われています。
中ジョッキの容量もお店により400〜500ml前後と違いがあるようです。
このことから考えても、ビール中ジョッキ1杯あたり糖質量は12〜25gとかなり差が出てきます。
3杯飲んでますので、糖質量は36〜75g前後と考えます。
健常人では1gの糖質で血糖値が1mg/dL上がるとされていますので、血糖値60mg/dL上昇は妥当なところかもしれません。

「生ビール中ジョッキ 3杯」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに認定できません

亀0!

糖質制限を行う場合は
「とりあえずビール」
よりは
「とりあえずハイボール」
ビール派のの方も最初の1杯だけ、しかもグラスか小ジョッキがおススメです。
あとは、焼酎、ハイボールをたらふく頂きましょう。

“【特別企画:生ビールは本当に血糖値を上げるのか】” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です