No.024糖から見た関節軟骨




一言コラム㉔ 【糖から見た関節軟骨】

階段の上り下りがつらい...
膝が痛くて正座できない...

このような方は「変形性膝関節症」の可能性があります。
膝の関節軟骨が荷重により、年齢とともによってすり減って起こります。

クッションの役目の軟骨がすり減り、骨と骨が直接こすれあい、炎症による強い痛みが発生するのです。
関節軟骨の主成分はコラーゲンです。
先日お話ししたように、このコラーゲンは糖化されると「もろく」なります。
また、糖化されたコラーゲンは半減期が100年とも言われ、一生入れ替わることがないかもしれません。
肥満の解消は当然ですが、

そのためにも「糖」を摂らないことが重要なのです。

「糖」を摂らなければ、「肥満」も、関節軟骨の「糖化」も両方防ぐことができるのです。