No.044各糖質制限のスタンス⑤「MEC食」




一言コラム㊹ 【各糖質制限のスタンス⑤「MEC食」】

今回は、
沖縄県のこくらクリニック院長渡辺信幸医師の提唱する「MEC食」です。

これまでご紹介した「糖質制限食」が

山田悟医師提唱、緩い糖質制限食:1回の食事の糖質量20~40g
江部康二医師提唱、スーパー糖質制限食:1回の食事の糖質量20g以下
釜池豊秋医師提唱、糖質ゼロ食:1日1食、夕食のみ、糖質量5g以下

と、糖質量に着目し、その制限する量で分類されていたのに対し、
こちらの「MEC食」
は、推奨する食べ物とその分量が決まっております。

M=meat(肉)200g
E=egg(卵)3個
C=cheese(チーズ)120g

つまり「肉」「卵」「チーズ」をしっかり食べて、その上でさらに食べたいと思ったら他の食品も適度にOKというスタンスです。
あと、1口30回は噛んで食べることも推奨されています。

「MEC」および「MEC食」は、MEC食推進委員会・渡辺信幸医師の商標登録となっているとのことです(登録第5684597号)。

 

日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる (講談社 α新書)

新品価格
¥961から
(2017/6/4 17:04時点)




ABOUTこの記事をかいた人

四十路となりました。 残り半分を 楽しく 充実して 生活できるよう日々を大切にしたいと思います。 出逢った皆様に感謝。