No.045各糖質制限のスタンス⑥「断糖食」




一言コラム㊺ 【各糖質制限のスタンス⑥「断糖食」】
今回は、
兵庫県の崇高(すうこう)クリニック院長荒木裕医師の提唱する「断糖食」です。
「断糖」という言葉もわかる通り特徴は
糖質(炭水化物)を出来るだけ摂らないようにすることです。
糖質量としての記述を探すことができなかったのですが、
炭水化物として、食事全体の重量の3%程度とありましたので、
これまで、ご紹介した
「かまいけ式(1食5g以下)」と
「江部式スーパー糖質制限(1食20g以下)」
の間ぐらいでしょうか?
また、その他の特徴としては、
「飽和脂肪酸である動物性脂肪は不必要との考えから、肉類の脂肪分はカット」
「出来るだけ、植物油から脂肪を摂る」
「果物は絶対食べない。野菜は食べなくてもよいが添え物程度」
「ビールはコーンスターチを原料に使っていない本物はOK」
「ビタミンC、葉酸、核酸はサプリメントで摂る価値あり」
この辺りは、医師の「好み」も出てきているのか?
と、考えました。
うちの前任の院長も
「生ビールを美味しく飲むために『糖質制限』している」
と、おっしゃっていました。
目的、スタンスは人それぞれです。




ABOUTこの記事をかいた人

四十路となりました。 残り半分を 楽しく 充実して 生活できるよう日々を大切にしたいと思います。 出逢った皆様に感謝。