No.058「慢性炎症」とは?




一言コラム(第58回)【「慢性炎症」とは?】

最近の研究により
様々な疾患に「炎症」が関わっている事がわかってきました。
これを
「慢性炎症」
と、言います。

メタボや生活習慣病をはじめ、
がん、動脈硬化、肥満、アルツハイマー、老化も
この「慢性炎症」によって症状が進行するのではないかと考えられる証拠が見つかってきたのです。

例えば、「糖質制限」を学んでいるあなたであればお分かりのように、
「動脈硬化」には食後の「高血糖」が関わっており、
それにより血管の「慢性炎症」が起き、
血管が硬くなる原因となっているのです。

「コレステロール」が高いから下げる薬を飲む。
「血糖」が高いからインスリンを打つ。
「血圧」が高いから降圧剤を飲まされる。

場当たり的な策ではなく、
根本的に解決する方法を学んでいきましょう。