No.064インスリン抵抗性①




一言コラム2017(第64回)【インスリン抵抗性①】

糖尿病の主因の一つに「インスリン抵抗性」があります。
インスリンは細胞内へブドウ糖の取り込みを促進します。
しかし、細胞がインスリンの刺激に抵抗し、ブドウ糖を取り込みにくい状態を、文字通り
「インスリン抵抗性」と呼びます。
満員電車を例にするとわかりやすいです。

駅 員:インスリン
乗 客:ブドウ糖
ホーム:血管
電 車:細胞

細胞がブドウ糖でいっぱいであるのが、まさに「満員電車」です。
駅員がさらに押し込もうとしますが、入り切れません。
これが、「インスリン抵抗性」です。
まだ、ホームには乗客があふれていますので、「糖尿病」と言うことです。

皆さんの細胞は「満員電車」ではありませんか?

次回からはこの解決策を考えてみましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

四十路となりました。 残り半分を 楽しく 充実して 生活できるよう日々を大切にしたいと思います。 出逢った皆様に感謝。