「大阪王将」の「糖質50%OFF炒飯 590円(税込)」です。

【結果】

食 前: 96mg/dL
15分:100mg/dL
30分:137mg/dL
45分:140mg/dL
60分:145mg/dL
90分:139mg/dL
120分:121mg/dL

以前、「シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン」を食べた記事はこちら→

「大阪王将」の「シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン」【全国版:亀ドクの「血糖値が上がらないお店、メニュー」】

普通麺との比較記事はこちら→

「大阪王将」の「ごちそうキャベツの大阪ちゃんぽん麺」【全国版:亀ドクの「血糖値が上がらないお店、メニュー」】

大阪王将のHPによると
商品特徴
ご飯の一部をあらびき鶏ミンチに。がっつりだけど糖質カット!
糖質 50%カット(「五目炒飯」比)
糖質 41.3g
となっております。

注文はタッチパネル。大盛りも選べますが、今回は普通を注文。

運ばれて来て、以前の苦い経験がよみがえり...店員さんに
「これ、糖質50%OFFですよね?」
とたずねたところ
「ハイ。ライスが三分の一になって、卵と小松菜が多めに入っておりますので間違いありません」
とのこと。HPの説明とは少し異なりますが、店員さんも意識されていることを確認しましたので、食べてみました。
普通に炒飯です。美味しく頂けますが、やはり量は少な目ですね。

血糖値の上昇は
15分: 4mg/dL
30分: 41mg/dL
45分: 44mg/dL
60分: 49mg/dL
90分: 43mg/dL
120分:25mg/dL

血糖値の最大上昇幅は49mg/dL、60分後でした。
健常者で糖質1gで1mg/dL血糖値が上がるとされていますので、推定糖質量は49gと考えられ、大阪王将の表示と近似します。
タッチパネルのメニューでは、健康志向と出てきますので、糖質OFFが健康であるとは考えてらっしゃるとは思いますが、国際的な基準一食40g以下を若干オーバーしております。

「大阪王将」の「糖質50%OFF炒飯 590円(税込)」は亀ドク血糖値の上がらないお店・メニューに認定できません!

亀0!

大企業のこのような姿勢はありがたいです。
またメニューの「糖質が気になる方に」との表示や、糖質OFFが健康志向という表示もありがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です